TOPへ
会社案内
トップメッセージ
会社概要
企業理念・主要方針
アクセス
石油備蓄基地案内
活動内容
地下石油備蓄基地の概要
基地の運営
環境保全・安全防災
地域との関わり
入札・公募案内
入札案内
入札・公募案件一覧
発注予定
各種共通仕様書
資格申請書類
その他
関連LINK
サイトマップ
サイトポリシー
プライバシーボリシー
推奨環境
見学のご案内
採用情報
石油備蓄Q&A
地域との関わり
地域との共存共栄...これは基地建設当時から掲げた最大のテーマ

私たちは、地域の人々と融和を図り、地域に根付いた企業として、ともに繁栄への道を歩みたいと考えています。

基地見学

夏休み基地見学・展示ホール(菊間)
夏休み基地見学・展示ホール(菊間)
夏休み基地見学・トンネル内(菊間)
夏休み基地見学・トンネル内(菊間)
祭りへの参加
地元のまつりやイベントに参加して、地域の人々との交流を深めています。
久慈秋祭り
久慈秋祭り
串木野さのさ祭り
串木野さのさ祭り
地域イベントへの参加
駅伝など地元のイベントにも参加しています。
もぐらんぴあ駅伝(久慈)
もぐらんぴあ駅伝(久慈)
地下備展示館イベント(串木野)
地下備展示館イベント(串木野)
基地の運営
監視や点検により安全でスムーズな運営を
■ 中央計器室
中央計器室の最新の運転管理システムにより、原油の受入れから払出し、気象海象データの収集、安全防災、環境対策設備など各種システムを監視し、安全かつ円滑に基地運営を行っています。
■ 日常点検・定期点検

基地の施設や設備について日常及び定期点検を行い基地の機能維持に努めています。

日常点検 定期点検
■ 岩盤の坑壁点検

サービストンネル等の地下坑道については、側面への異常の有無を定期的に点検し、健全性を確認しています。

岩盤の坑壁点検1 岩盤の坑壁点検2
■ 地下水位観測孔点検

基地周辺に設置した地下水観測孔にて、定期的に地下水位、漏油、漏気の有無等の点検を行い、岩盤タンクの安全性(健全性)を監視しています。

地下水位観測孔点検2
地下石油備蓄基地案内
掲示板
環境保全・安全防災
環境保全と万一に備えた訓練
地下石油備蓄は、原油が堅固な岩盤の中で地下水により封じ込められているため油の流出の心配がなく、火災や地震に対する安全性が高く、環境への影響も少ないという特徴を有しています。
私たちは、そのうえで、さら環境保全と非常時に備えた安全防災に取組んでいます。
■ 環境保全

恵まれた自然環境を守ることは、私たちに課せられた使命です。排水処理設備など、種々の環境対策設備を備え、環境の保全に努めています。

排水処理設備

ガードベースン

ガードベースン (排水処理系統における貯留池)

■ 安全防災

非常時に備えた防災体制は基地運営の要です。基地を安全に運営するために必要な防災設備を備え、これを管理する最高水準のシステムを採用し、安全の確保と災害の防止に努めています。

オイルフェンス

オイルフェンス展張訓練

消防訓練

消防訓練

トップメッセージ
 弊社は岩手県久慈市、愛媛県今治市、鹿児島県いちき串木野市において国家備蓄原油を保管しております。保管場所は標高マイナス40m前後に掘削された岩盤タンクの中です。弊社の使命はこの地下岩盤タンクとその中に保管されている原油を安全かつ適切に管理し、石油の供給途絶などの緊急時にはそれを放出して皆さまのお役に立つことです。そのために徹底した訓練を重ねております。
 
 地下岩盤タンク方式による原油備蓄について、我が国では1975年に調査研究が始まりました。それから20年弱の時を経た1993年から1994年にかけて、岩盤が堅固な冒頭3か所で備蓄基地が完成しました。1986年に設立された弊社は、日本で初の地下石油備蓄基地の運営主体として基地の建設より関わり、今日に至るまで無事故無災害にて基地の安定操業を続けております。
 弊社が管理している原油は、油と水は混じり合わない、油は水より軽いという特性を巧みに利用し、原油を地下水圧で封じ込める「水封」というしくみで備蓄されております。弊社は設立以来岩盤や水封に関する知見を積み上げてまいりましたが、これからもこれらの知見を一層深めてまいります。

 我が国は石油供給のほとんどを海外に依存しておりますが、現在、主義主張の相違や不寛容、脱グローバル化、感染症などで国際社会が不安定化しており、万一に備えて石油を備蓄しておくことの重要性は増して行くものと考えております。弊社は今後とも安全安定操業を継続するとともに、基地の地元に根付いた企業として引き続き地域の皆さまと共生のもと、社員が誇りをもって働くことのできる会社であるよう努めてまいります。

社長署名
石油備蓄体制
久慈国家石油備蓄基地
■ 所在地 岩手県久慈市夏井町閉伊口第8地割105番地2
用地面積 地上施設地区 6.72ヘクタール
貯油施設地区 26ヘクタール
備蓄容量 175万キロリットル
地下岩盤タンク 3ユニット
常圧貯蔵横穴水封固定水床式
540m × 2(35万KL)1ユニット
540m × 4(70万KL)2ユニット
基地施設 操油・用役施設、電気計装施設
環境対策施設、安全防災施設
管理施設等
基地関連港湾施設 10万DWT 級浮標式多点係留設備 1基
海底原油配管 2,200m
地上設備復旧工事及び津波対策工事の完了
  弊社が(独)エネルギー・金属鉱物資源機構の委託を受けて操業を行っている久慈国家石油備蓄基地は、平成23年3月11日、東日本大震災による大津波被災を受けていましたが、3年間に渡る地上設備復旧工事及び津波対策工事(高台部工事) を平成26年4月に無事完了いたしました。
被災後直後の地上設備(平成23年3月撮影)
被災後直後の地上設備(平成23年3月撮影)
復旧後の地上設備(平成25年4月撮影)
復旧後の地上設備(平成25年4月撮影)
津波対策設備(高台部)(平成26年4月撮影)
津波対策設備(高台部)(平成26年4月撮影)
久慈地上配置図
地上施設配置図
地下岩盤タンク
菊間国家石油備蓄基地

■ 所在地 愛媛県今治市菊間町種4642番地1

敷地航空写真 地上施設全景

地上施設全景

菊間配置図
用地面積 地上施設地区 10ヘクタール
貯油施設地区 15ヘクタール
備蓄容量 150万キロリットル
貯油施設地区 15ヘクタール
地下岩盤タンク 3ユニット
陸上シフトタンク 4基
地下岩盤タンク 常圧貯蔵横穴水封固定水床式
幅:20.5m 高さ:30m
長さ(容量):
230m × 1,260m × 2,280m × 1
(59.4万KL)1 ユニット
440m × 1,425m × 1,448m × 1
(74.5万KL)1ユニット
幅:15m 高さ:20m
長さ(容量):
112m × 1(2.5万KL)1ユニット
陸上シフトタンク 鋼製円筒型浮屋根式貯油槽
3.4万KL×4基
(直径46.5m 高さ21.9m)
基地施設 操油・用役施設、電気計装施設
環境対策施設、安全防災施設
管理施設等
基地関連港湾施設 太陽石油四国事業所の既存施設利用
28 万DWT 型浮標式多点係留設備及び
12.2万DWT 級固定式係留設備 1基
地下岩盤タンクと岩盤タンク内配管

地下岩盤タンクと岩盤タンク内配管

菊間基地ディスプレイホール
1.会社案内
  会社概要、菊間基地の建設記録、地下岩盤備蓄の水封式のしくみのパネル展示と、大型モニターで3基地の紹介や石油備蓄及び輸入の現状等を紹介しています。

2.ジオラマ模型と展示物
  ジオラマ模型と大型モニターの連動で、菊間基地のキャラクターである蟻の「ロッキー君とチカちゃん」が基地を探検しながら、備蓄の必要性や基地全体をわかりやすく説明。油中ポンプ・保護管の原寸模型や原油配管・ボーリングコアの現物等も展示しています。

3.菊間基地周辺の自然環境
  周辺環境についてのパネル展示や、基地周辺の地層解説図、予讃線/新幹線トンネルと基地の岩盤タンク断面の大きさを比較したパネル、 貯蔵原油と石油製品の粘性を比較体験など、色々とご覧いただけます。

日本地下石油備蓄株式会社 本社
住所・電話番号
〒108-0073  東京都港区三田三丁目4番10号
代表電話 03-4212-4001 FAX 03-4212-6950
交通のご案内
都営三田線・浅草線 三田駅 A-3 出口から徒歩約 4 分
JR 京浜東北線・山手線 田町駅 三田口 ( 西口 ) から徒歩約 6 分
久慈国家石油備蓄基地
久慈国家石油備蓄基地
〒028-0001
岩手県久慈市夏井町閉伊口第8地割105番地2
電話 0194-53-2277 FAX 0194-52-3727
菊間国家石油備蓄基地
〒799-2302
愛媛県今治市菊間町種4642番地1
電話 0898-54-3800 FAX 0898-54-5225
串木野国家石油備蓄基地
串木野国家石油備蓄基地
〒896-0046
鹿児島県いちき串木野市西薩町1番地
電話 0996-32-6800 FAX 0996-32-7557
 
TOP > 会社案内

会社案内

わが国の産業活動と私たちの日常生活を支える石油。一次エネルギーの多くは石油によってまかなわれており、将来においても、その主流を占めていくであろうと予測されています。石油のほとんど全量を輸入に頼っているわが国では「石油備蓄法」に基づく民間備蓄のほか、国自らの手による国家備蓄が行われています。
当社は、国家石油備蓄事業の一翼を担うべく、1986 年(昭和61 年)5月に国家石油備蓄会社として設立されました。2004 年(平成16 年)2月の国家備蓄事業の国直轄事業化、国備会社の民営化という体制移行に伴い、当社は、久慈・菊間・串木野国家石油備蓄基地の管理・運営等を担う操業サービス会社となりましたが、3基地の安全・安定操業に全力を挙げて、地域社会との共生を図りつつ、取り組んでいます。

会社案内
  わが国の産業活動と私たちの日常生活を支える石油。一次エネルギーの多くは石油によってまかなわれており、将来においても、その主流を占めていくであろうと予測されています。石油のほとんど全量を輸入に頼っているわが国では「石油備蓄法」 に基づく民間備蓄のほか、国自らの手による国家備蓄が行われています。
  当社は、国家石油備蓄事業の一翼を担うべく、1986 年(昭和 61 年)5月に国家石油備蓄会社として設立されました。2004年(平成16年)2月の国家備蓄事業の国直轄事業化、国備会社の民営化という体制移行に伴い、当社は、久慈・菊間・串木野国家石油備蓄基地の管理・運営等を担う操業サービス会社となりましたが、3基地の安全・安定操業に全力を挙げて、地域社会との共生を図りつつ、取り組んでいます。
会社概要
社名 日本地下石油備蓄株式会社
(英文名称 Japan Underground Oil Storage Co., Ltd.)
設立 1986年5月22日
資本金 2億円
事業内容 石油備蓄基地の運転及び保守管理の受託
石油備蓄基地の建設・警備に関する業務の受託
前各号に関するコンサルティング及び付帯関連する一切の事業
所在地

本社
  〒108-0073  東京都港区三田三丁目4番10号
  代表電話 03-4212-4001 FAX 03-4212-6950

久慈事業所
  〒028-0001 岩手県久慈市夏井町閉伊口第8地割105番地2
  電話 0194-53-2277 FAX 0194-52-3727

菊間事業所
  〒799-2302 愛媛県今治市菊間町種4642番地1
  電話 0898-54-3800 FAX 0898-54-5225

串木野事業所
  〒896-0046 鹿児島県いちき串木野市西薩町1番地
  電話 0996-32-6800 FAX 0996-32-7557

株主
(出資比率)
太陽石油株式会社
ENEOS 株式会社
出光興産株式会社
DOWAホールディングス株式会社
住友金属鉱山株式会社
三井金属鉱業株式会社
三菱マテリアル株式会社
36%
21.8%
15.0%
6.8%
6.8%
6.8%
6.8%
沿革
1986年5月
1993年1月
1993年9月
1994年2月
1994年3月
1994年5月
1994年 11月
1995年2月
2004年2月
2011年3月
2014年4月
2016年5月
日本地下石油備蓄株式会社設立
串木野基地第一期オイルイン
久慈基地全面完成
久慈基地オイルイン
菊間基地全面完成
串木野基地全面完成
串木野基地第二期オイルイン
菊間基地オイルイン
国家石油備蓄事業の体制変更に伴い、倉庫業から操業役務提供会社となる
東日本大震災時の津波により久慈基地被災(同年 3 月復旧工事開始)
久慈基地の地上部施設完全復旧に伴う高台施設完工(津波対策)
創立30周年
環境および労働安全衛生マネジメントシステムの取得
①環境マネジメントシステム(ISO 14001)
認定取得日 久慈事業所
2015年11月13日
菊間事業所
2001年2月20日
串木野事業所
2000年9月15日
②労働安全衛生マネジメントシステム(ISO 45001)
認定取得日 久慈事業所
2015年11月13日
菊間事業所
2009年10月2日
串木野事業所
2009年1月27日

見学のご案内

当社では、基地は国有施設のため、基地内の一般見学は原則行っておりませんが、久慈事業所と串木野事業所には地下石油備蓄に関する展示施設を別途公開しておりますので、是非ご来場下さい。
大変恐れ入りますが、地下石油備蓄に関する展示施設(菊間基地内にある展示施設を含みます。)の写真・動画撮影はご遠慮いただいております。


■久慈基地

もぐらんぴあ石油文化ホール

  久慈基地の隣に、基地作業用トンネルを利用した日本初の地下水族科学館「もぐらんぴあ」と石油備蓄に関連する展示施設「石油文化ホール」がございます。

■開館時間:4月~10月 9:00~18:00

                11月~3月 10:00~16:00(最終入館は閉館30分前)

■休 館 日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月31日、1月1日

■住 所:〒028-7801 岩手県久慈市侍浜町麦生 1-43-7 TEL 0194-75-3551

■串木野基地

ちかび展示館

  串木野基地の側に、基地建設時のタンク掘削の際に使用した作業用トンネルの入口部分を利用した「ちかび展示館」(入館無料)がございます。

■開館時間:9:00~17:00(最終入館 16:00)

■休 館 日:火・水曜日及び年末年始(12月29日~1月3日)

■住 所 :〒896-0066 鹿児島県いちき串木野市野元 21803 番地 TEL 0996-32-4747

■菊間基地

夏休み一般見学

  基地外に展示施設はございませんが、夏休み期間には一般見学を行っております。

問合せ先: 日本地下石油備蓄(株)菊間事業所 総務課

平日午前9時〜午後5時まで TEL 0898-54-3800

串木野国家石油備蓄基地
■ 所在地 鹿児島県いちき串木野市西薩町1番地 串木野配置図
用地面積 地上施設地区 5ヘクタール
貯油施設地区 26ヘクタール
備蓄容量 175万キロリットル
地下岩盤タンク 3ユニット
常圧貯蔵横穴水封式固定水床式
幅:18m 高さ:22m
長さ(容量):
555m × 2(35万KL)1ユニット
555m × 4(70万KL)2ユニット
基地施設 操油・用役施設、電気計装施設
環境対策施設、安全防災施設
管理施設等
基地関連港湾施設 10万DWT 級浮標式一点係留設備 1基
海底原油配管 2,300m
地下岩盤タンクと岩盤タンク内配管
ちかび展示館
   岩盤タンク掘削に際して使用した作業用トンネル(高さ7m、幅10m、全長780m)の入口部分を有効利用した展示館です。 多くの皆さまに石油備蓄の必要性、重要性、また、水封式地下備蓄のしくみ、特長、安全性についての理解を深めて頂こうとするものです。
外観(入口)
●開館時間 9:00 ~ 17:00(最終入館 16:00)
●休館日 火・水曜日及び年末年始(12/30 ~ 1/3)
●入館料 無料
〒896-0066 鹿児島県いちき串木野市野元 21803
TEL 0996-32-4747
館内
石油コーナー
 大型特殊鑿岩機
大型特殊掘岩機
黒板

質問一覧しつもんいちらん

  1. 地下石油備蓄ちかせきゆびちくについて
    1. 地下ちか石油せきゆタンクはどのような場所ばしょにあるの?
    2. なぜ、地下ちかにタンクをつくったの?
    3. 岩盤がんばんタンクのあぶらさないの?
    4. 石油せきゆれる岩盤がんばんタンクはどれくらいのおおきさなの?
  2. わたしたちのらしと石油せきゆについて
    1. 石油せきゆはどのようにしてできたの?
    2. 石油せきゆ生産量せいさんりょうおおくにはどこなの?
    3. 石油せきゆはどこから輸入ゆにゅうしているの?
    4. どうして日本にほん石油せきゆ備蓄びちくしているの?
    5. わたしたちは毎日まいにちどれくらいの石油せきゆ使つかっているの?
    6. らしのなか石油せきゆはどのようなはたらきをしているの?

回答一覧かいとういちらん

  1. 地下石油備蓄ちかせきゆびちくについて
    1. 地下ちか石油せきゆタンクはどのような場所ばしょにあるの?

      原油げんゆはタンカーではこばれてくるので、地下ちか石油せきゆタンクは、うみそばで、花崗岩かこうがんなど緻密ちみつ強固きょうこ岩盤がんばんがあるところにあるんだよ。日本にほんには、岩手県いわてけん久慈くじ愛媛県えひめけん菊間きくま鹿児島県かごしまけん串木野くしきのと3カ所かしょあり、いずれも海底かいていよりふかいところにあるんだ。

    2. なぜ、地下ちかにタンクをつくったの?

      地下ちかにタンクがあるので、景観けいかんそこなわないし、地震じしんにもつよいんだ。また、あぶら流出りゅうしゅつ火災かさいおそれもなく、掘削くっさくした岩石がんせき活用かつようはかれるんだよ。

    3. 岩盤がんばんタンクのあぶらさないの?

      岩盤がんばん緻密ちみつなんだけれど、原油げんゆれただけではてしまうので、地下水等ちかすいとう水圧すいあつ原油げんゆふうめているんだ。みずあぶらじりあわず、原油げんゆ下部かぶみずまるので、ポンプでしているんだ。

    4. 石油せきゆれる岩盤がんばんタンクはどれくらいのおおきさなの

      地下ちかタンクのある3つの基地きちわせると、500まんキロリットルの原油げんゆ備蓄びちくできるんだ。これは日本にほん消費量しょうひりょうの14日分かぶんだよ。地下ちかタンクは大型おおがたバスと比較ひかくすると、写真しゃしんのようにこんなにおおきいんだ。

  2. わたしたちのくらしと石油せきゆについて
    1. 石油せきゆはどのようにしてできたの?

      石油せきゆ数億年前すうおくねんまえ微生物びせいぶつ死骸しがい海底かいていもり、バクテリアの作用さようけたり、地熱ちねつ地圧ちあつ影響えいきょうけて、なが年月ねんげつあいだ変化へんかして出来できたものとかんがえられているよ。石油せきゆ地下ちかみずうみのようにしてあるわけではなく、砂岩さがん石灰岩せっかいがんなどのあな隙間すきままっているんだ。

    2. 石油せきゆ生産量せいさんりょうおおくにはどこなの?

      石油せきゆ産業さんぎょうは、19世紀半せいきなかばにアメリカのペンシルバニア しゅう石油せきゆ機械掘きかいぼりに成功せいこうしたことからはじまり、その、ロシア、中東ちゅうとうへと開発かいはつすすんでったんだ。現在げんざいは、アメリカ、ロシア、サウジアラビアの3カ国かこく世界せかい生産量せいさんりょうの4割近わりちかくをめているんだよ。

    3. 石油せきゆはどこから輸入ゆにゅうしているの?

      日本にほんは20カ国以上かこくいじょうから石油せきゆ輸入ゆにゅうしているけれど、サウジアラビア、アラブ首長国連邦しゅちょうこくれんぽうなどの中東地域ちゅうとうちいきからの輸入ゆにゅうが8わり以上いじょうめているんだ。中東ちゅうとうから日本にほんまでは 12,000キロメートルあり、やく20日間はつかかんはこんでいるんだよ。

    4. どうして日本にほん石油せきゆ備蓄びちくしているの?

      日本にほんは、石油せきゆのほとんどを海外かいがいからの輸入ゆにゅうたよっており、しかもその8わり以上いじょう政治的せいじてき軍事的緊張ぐんじてききんちょうたか中東地域ちゅうとうちいきからのものなんだ。だから、輸入ゆにゅう途絶とだえたり減少げんしょうしたときそなえて、石油せきゆ日頃ひごろから備蓄びちくしているんだよ。現在げんざいは、くに民間みんかん備蓄びちくをあわせて、200日分以上にちぶんいじょう石油せきゆ備蓄びちくされているんだ。

    5. わたしたちは毎日まいにちどれくらいの石油せきゆ使つかっているの?

      日本にほんは、以前いぜんは、アメリカにいで2番目ばんめ石油せきゆ消費しょうひしていたが、しょうエネルギーにんだり、中国ちゅうごくやインドの使用量しようりょうおおくなったりしたので、現在げんざい世界せかいで5番目ばんめ消費国しょうひこくだよ。計算けいさんすると、1ひとりにち4.1リットルの石油せきゆ使つかっているんだ。(2020ねん

    6. らしのなか石油せきゆはどのようなはたらきをしているの?

      石油せきゆは、自動車じどうしゃふねなどのものうごかす動力源どうりょくげん暖房だんぼう電気でんきつく熱源ねつげんとなったり、また、化学製品かがくせいひん原料げんりょうにもなるなど、らしのなかのあらゆるところで使つかわれているんだよ。

日本地下石油備蓄 企業理念
◎私たちが目指す会社(ビジョン):
岩盤水封技術をもって日本のエネルギー政策に貢献し、国民へ安心を提供することにより、社会に信頼される企業になる
◎私たちの使命(ミッション):
安全安定操業を継続し、緊急時には安全かつ速やかに備蓄原油を放出することにより、国民のエネルギー源供給に対する期待に応え、社会に貢献する
◎私たちが大切にする価値(バリュー):
一、『安全最優先』:私たちは、常に安全を最優先します
ー、『環境保全』:私たちは、私たちの事業が水とともにあることを認識し、地球環境へ負荷を与えないよう努めます
ー、『規範遵守』:私たちは、事業に関わる全ての法令と社会的規範を守ります
ー、『公明正大』:私たちは、公明正大な企業活動ならびに組織運営をします
ー、『正直で誠実』:私たちは、いつでも正直で誠実に行動します
ー、『人権尊重』:私たちは、個人の多様性を尊重し、偏見を排し、差別をしません
ー、『働きやすい環境』:私たちは、風通しの良い、互いが幸せに働ける職場環境を作ります
ー、『社会との共生』:私たちは、多岐にわたる活動を通じ、地域社会の発展、活性化に貢献します
ー、『継続的な努力』:私たちは、私たちの使命達成のため向上心を持ち、研鑽し続けます

                                               
以上
安全衛生環境方針
人材育成方針
TOP > 関連LINK
TOP > サイトポリシー

サイトポリシー(ご利用上の注意)


1. 著作権等について

このweb サイトに掲載されている情報、内容、文章、商標、ロゴマーク、画像等に関する著作権、商標権、その他の知的財産権は特に 明記されていない限り、弊社に帰属します。
なお、著作権法等で認められている非営利目的の個人的な使用、引用の範囲を超え、当サイトの一部又は全部について既存のままあるい は改変して転用、複製を禁止いたします。
当サイトの情報、内容、文章、商標、ロゴマーク、画像を出版物への掲載及び放送等での利用にあたっては事前に webmaster@chikabi.co.jp までご連絡ください。

 

2. 免責について

 このweb サイトに掲載されている情報の正確性、有用性、安全性については、弊社はいかなる保証を行うものではありません。また、 掲載情報に基づいて利用者が下した判断及び起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、弊社はその責めを負いませんの で、あらかじめご了承ください。   このweb サイトに掲載されている情報について、事前に予告することなく名称や内容、URL 等の改変を行ったり、削除することがあり ます。このweb サイト上の掲載情報等の改変・削除により発生する一切の影響や損害について、弊社はその責めを負いませんので、あら かじめご了承ください。

 

3. 禁止事項について

以下の事項について禁止いたしますのでご注意ください。
(1) 弊社または第三者に対し、不利益もしくは損害を与える行為、財産もしくはプライバシーを侵害し、名誉・信用を毀損する行為、
         またはその恐れがある行為。
(2) 他人の電子メールアドレス等を登録する、虚偽の申告・届出を行う行為。
(3) 公序良俗に反する行為、犯罪等に結びつく行為、またはその恐れがある行為。
(4) 営利目的とする行為、またはその諸準備行為。
(5) コンピュータウイルス等を使用・提供する行為、またはその恐れがある行為。
(6) 法律等に反する行為、またその恐れがある行為。
(7) その他弊社が不適切と判断する行為。

 

4. リンクについて

このweb サイトに対するリンクをご希望の場合は webmaster@chikabi.co.jp までご連絡ください。

TOP > 推奨環境について

推奨環境について


当サイトをご覧いただくため、下記環境を推奨しております。

※推奨環境下のご利用でも、OS とブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によっては表示、機能に不具合が起こる可能性がございます。 予めご了承くださいますようお願いいたします。
*ファイルが開かない場合は、こちらまでご連絡ください。
日本地下石油備蓄(株)企画総務部企画総務室 TEL:03-4212-5932

 

1. パソコン

■推奨 OS ブラウザ・ブラウザ
Windows10
・Google Chrome(最新バージョン)
・Edge

Macintosh OS X( 日本語版 ) 以上
・Google Chrome(最新バージョン)
・Safari(最新バージョン)

■画面解像度
1024×768px 以上 ※設定により一部表示できない場合がございます。

■ブラウザの設定 JavaScript:ON Cookie:ON
※当サイトでは JavaScript、および Cookie を使用しております。 正しくご利用いただくため、お使いのブラウザのメニュー設定で有効にしていただきますようお願いいたします。

 

2. スマートフォン、タブレットからのご利用

・Google Chrome(最新バージョン)
・Safari(最新版)
※フューチャーフォンには対応しておりません。あしからずご了承ください。

 


TOP > 各種共通仕様書

各種共通仕様書

件 名 ダウンロード
修繕保全工事・改良更新工事(久慈)
修繕保全工事・改良更新工事(菊間)
修繕保全工事・改良更新工事(串木野)
調査、設計及び施工管理業務(久慈)
調査、設計及び施工管理業務(菊間)
調査、設計及び施工管理業務(串木野)
工事共通仕様書(久慈)



TOP > 過去の入札・公募案件(年度別)
※ファイル表示において、OS とブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によっては表示、機能に不具合が起こる可能性がございます。
当サイトをご覧いただくための推奨環境はこちら
*ファイルが開かない場合は、こちらまでご連絡ください。 日本地下石油備蓄(株)総務部契約課 TEL:03ー3432ー7584

過去の入札・公募案件(年度別)

◆ 平成30 年度   入札・公募案件 【平成30年度(一般競争).pdf】
◆ 平成30 年度   参加意思確認公募 【平成30年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成29 年度   入札・公募案件 【平成29年度(一般競争).pdf】
◆ 平成29 年度   参加意思確認公募 【平成29年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成28 年度   入札・公募案件 【平成28年度(一般競争).pdf】
◆ 平成28 年度   参加意思確認公募 【平成28年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成27 年度   入札・公募案件 【平成27年度(一般競争).pdf】
◆ 平成27 年度   参加意思確認公募 【平成27年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成26 年度   入札・公募案件 【平成26年度(一般競争).pdf】
◆ 平成26 年度   参加意思確認公募 【平成26年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成25 年度   入札・公募案件 【平成25年度(一般競争).pdf】
◆ 平成25 年度   参加意思確認公募 【平成25年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成24 年度   入札・公募案件 【平成24年度(一般競争).pdf】
◆ 平成24 年度   参加意思確認公募 【平成24年度(参加意思確認公募).pdf】
◆ 平成23 年度   入札・公募案件 【平成23年度.pdf】
◆ 平成22 年度   入札・公募案件 【平成22年度.pdf】
◆ 平成21 年度   入札・公募案件 【平成21年度.pdf】
◆ 平成20 年度   入札・公募案件 【平成20年度.pdf】
◆ 平成19 年度   入札・公募案件 【平成19年度.pdf】

 

TOP > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー


1. 基本姿勢

当社は、個人情報の取扱いにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」はじめ関係法令および主務官庁等のガイ ドライン等を遵守します。

 

2. 個人情報の取扱い及び利用

この web サイトにより申請(競争入札参加資格審査申請書)頂いた個人情報を含む全ての情報は、入札業務に関す る範囲を超えて使用しません。

 

3. 個人情報の提供

この web サイトで申請(競争入札参加資格審査申請書)頂いた個人情報(特定個人情報は除く)は当社規程に基づ き適切に取り扱うこととし、次の場合を除き、第三者へ提供しません。
(1) 本人の同意を得ている場合
(2) 法令に基づく場合
(3) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力 する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

 

4. 継続的な改善

当社は、個人情報の保護および個人情報管理体制の継続的な改善に努めます。

初心者マーク初めての方へ

1 「各種様式」から必要な書式を作成の上で、競争入札参加資格審査申請を行ってください。詳しくは各種「提出要領」を参照願います。
2 申請書は、随時受け付けています。結果については、競争入札参加資格認定通知書もしくは競争入札参加資格不適格通知書を送付致します。
<競争入札参加資格認定の有効期間>
有効期間開始は当社の結果を通知した日から、2ヵ年度(1年度は4月から翌年3月)です。
*1月から3月の間に通知を受けた場合は、今年度+翌年度+翌々年度となります。
3 「競争入札参加資格認定通知書」を受領しましたら、「入札・公募のご案内」よりご希望案件の「入札参加申し込みはこちらから」をクリックし、
参加申込みを行ってください。
*10月1日より入札参加申し込み方法がWeb申込となります。
4 Web申込データ受領後、担当よりメール又は電話にてご連絡させて頂きます。
備考:各種共通仕様書の閲覧はパスワードが必要です。入札参加申込が認められた方のみ、各種共通仕様書のパスワードを通知いたします。


資格申請書類において、お客さまからいただくよくあるご質問を Q&A 形式でまとめました。

競争入札参加資格認定通知書の有効期間を教えて下さい。
競争入札参加資格認定通知書発行日から2ヶ年度(1年度は4月から翌年3月)となります。
ただし発行日が1月から3月の場合は競争入札参加資格認定通知書発行日から、翌年度+翌々年度迄と なります。


競争入札参加資格審査申請書提出後、審査結果が通知されるまでに要する時間はどのくらいですか。
通常 1 週間程度で審査結果を通知しておりますが、年度初めや年度末などには、申請が集中 するため、2〜3週間のお時間を要することがあります。


1社につき、資格付与は1つですか。
「建設工事」、「物品の製造・販売、役務業務等」、「測量・建設コンサルタント等」のそれぞれ1社につき1つとさせて頂いております。


親会社で資格登録していますが、グループ会社で別途登録はできますか。
資格は付与できますが、同一案件の入札に参加することは出来ません。


現在、「建設工事」の入札参加資格を有しております。「物品の製造・販売、役務業務等」も申請したいと考えております。「物品の製造・販売、役務業務等」を申請する場合は、新規扱い又は更新扱いどちらに該当しますか。
物品の製造・販売、役務業務等では、初めての登録ですので新規扱いとなります。


建設工事の資格登録は、建設業許可を有していれば登録可能ですか。
建設工事の資格審査は、経営規模等評価結果通知書総合評定値通知書(以下「経審結果通知書」)の各評点を用いておりますので、経審結果通知書にて審査されている工種が登録可能となります。


資格申請で提出する委任状の委任期間の定めはありますか。
委任期間の定めはございません。弊社が発注する入札に複数案件参加する等、受任行為が断続的なものでしたら、競争入札参加資格認定通知書の有効期間を限度に設定願います。委任期間の開始は、委任開始日若しくは申請書類提出日を記入してください。


競争入札参加資格審査申請書変更届(様式第10号)について、任意様式で提出してもよろしいでしょうか。
当社様式(様式第10号)で提出をお願いします。


代表者の変更手続中(公的機関)に、競争入札参加資格審査申請書や変更届等に記載する代表者は、新旧どちらを記載すればよろしいでしょうか。
公的機関へ提出した変更登記申請書に記載された新役員(取締役)を記載願います。なお、公的機関での手続完了後、弊社様式の変更届(様式第10号)に登記事項証明書を添付して提出願います。(新規申請の場合は登記事項証明書のみで結構です。)


「建設工事」及び「物品の製造、販売、役務業務等」の入札参加資格を有しており、変更届(様式第10号) を提出したいのですが、それぞれ提出する必要がありますか
変更届(様式第10号)は共通様式となっておりますので、1つの変更届(様式第10号) に、「建設工事」と「物品の製造、販売、役務業務等」の登録番号をそれぞれ記入してください。


ようこそ、日本地下石油備蓄採用情報サイトヘ
ここでは、 2024年4月入社の新規学卒者の採用情報を提供しています。

日本地下石油備蓄への選考応募はマイナビで受け付けております。

↓↓マイナビの弊社画面へ↓↓

マイナビ2024

マイナビQRコード
日本地下石油備蓄企業理念
◎私たちが目指す会社(ビジョン):
岩盤水封技術をもって日本のエネルギー政策に貢献し、国民へ安心を提供することにより、社会に信頼される企業になる
◎私たちの使命(ミッション):
安全安定操業を継続し、緊急時には安全かつ速やかに備蓄原油を放出することにより、国民のエネルギー源供給に対する期待に応え、社会に貢献する
◎私たちが大切にする価値(バリュー):
一、『安全最優先』:私たちは、常に安全を最優先します
ー、『環境保全』:私たちは、私たちの事業が水とともにあることを認識し、地球環境へ負荷を与えないよう努めます
ー、『規範遵守』:私たちは、事業に関わる全ての法令と社会的規範を守ります
ー、『公明正大』:私たちは、公明正大な企業活動ならびに組織運営をします
ー、『正直で誠実』:私たちは、いつでも正直で誠実に行動します
ー、『人権尊重』:私たちは、個人の多様性を尊重し、偏見を排し、差別をしません
ー、『働きやすい環境』:私たちは、風通しの良い、互いが幸せに働ける職場環境を作ります
ー、『社会との共生』:私たちは、多岐にわたる活動を通じ、地域社会の発展、活性化に貢献します
ー、『継続的な努力』:私たちは、私たちの使命達成のため向上心を持ち、研鑽し続けます

                                               以上
情報セキュリティ基本方針
  日本地下石油備蓄株式会社(以下、当社)は、国の政策に基づく石油の地下備蓄という公共性の高い業務の遂行にあたり、当社の扱う情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から保護し、社会的信頼の維持、向上に努めてまいります。全ての役員および社員はこの情報セキュリティ基本方針に基づき業務に取り組みます。

1.情報セキュリティ管理体制の構築

当社は、情報資産の保護および適切な管理を行うために必要な体制を構築し、組織的かつ継続的に情報セキュリティの維持・向上に努めます。

2.内部規程の整備

当社は、情報資産の保護および適切な管理を行うために必要な規程類を整備し、遵守すべき事項を社内に周知徹底します。

3.適切な情報セキュリティ対策

当社は、情報資産に係る不正アクセス・破壊・情報漏えい・改ざん等の事故を未然に防止するために情報セキュリティリスクを把握し、必要な対策を実施します。また、事故発生時の対応・復旧体制を整備し、早期回復に向けた計画の策定を行います。

4.情報セキュリティリテラシーの向上

当社は、全ての役員および社員に対して情報セキュリティ確保の必要性および具体的な遵守事項を周知徹底するとともに、情報セキュリティに関する教育および訓練を定期的に実施します。

5.法令等の遵守

当社は、情報セキュリティに関わる法令、規制、国が定める指針およびその他の社会的規範を遵守します。

6.継続的改善の実施

当社は、以上の取り組みについての定期的な評価、見直しを行うことにより情報セキュリティマネジメントの継続的改善を実施します。
制定日:令和3年12月10日
日本地下石油備蓄株式会社
代表取締役社長 細井 弘道
地下石油備蓄基地の概要
堅牢な岩盤が支える“水と油”の関係
地下岩盤タンクの特徴
  地下における石油備蓄は、自然を巧みに利用し、岩盤内に掘った空洞に原油を貯蔵し、地下水圧を利用して原油の流出を封じるという水封式地下備蓄方式を採っています。
  空洞を取り巻く自然又は人工の地下水は、常に空洞内部へしみ出てきますが、水と油は混じり合わないため、原油は常に水の上に浮いた形で貯蔵され、底部に溜まった地下水はポンプで汲み上げています。
縦抗
地下図ワイヤーフレーム
原油の受払方法

 原油はタンカーから海底配管、ポンプ、流量計を通じて受け入れ、岩盤タンク内部の原油は液面計など多くの計測機器によって管理されます。
一方、払い出しは、地下に設置されたポンプによって、立坑、サービストンネルを経て地上へと送り出されます。
  これらの操作は、すべて地上の中央計器室で集中コントロールされ、安全を確保しながら原油の受入れ・払出しがスムーズにできるように
設計されています。

石油払出し作業

お知らせお知らせ一覧

  • 2024.04.12   ちかび展示館 電話回線復旧のお知らせ

    ちかび展示館(串木野)おいて、電話回線の不具合により電話が繋がりにくい状況となっておりましたが、復旧しましたのでご連絡いたします。
    大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

    ご予約の際は【ちかび展示館:0996-32-4747】へご連絡をお願いいたします。
  • 2024.03.29   受託単価の公表について
  • 2024.03.26   警備業法及び警備業法施行規則に基づく標識について
    警備業法施行規則に規定する「標識」を掲載いたいます。

    標識はこちら
  • 2023.12.27   競争入札参加資格更新(令和6・7年度入札参加)受付開始のお知らせ

    弊社入札参加資格が2024年3月末で失効される方におきましては、資格更新申請の受付開始は2024年1月4日からとなります。。

                                                              以上
  • 2023.10.18   久慈国家石油備蓄基地における新防災船の船名決定について

     久慈国家石油備蓄基地における新防災船の船名が「ちかびさんりく」と決定いたしました。
     新防災船の船名については、久慈市内の小学生から公募しておりましたが、多数の応募をいただき、この度、厳正な審査のもとに船名を決定いたしました。応募していただいた小学生の皆様、久慈市教育委員会、久慈市小学校の関係者の皆様には深く感謝申し上げます。
     なお、採用された方には、所属の小学校を通じてご連絡いたします。
     これを機に、今後も引き続き地域社会の発展と活性化に貢献してまいる所存です。
  • 2023.08.31   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和5年6月~7月)
  • 2023.05.31   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和5年4月~5月)
  • 2023.05.12   本社移転のお知らせ
    この度、本社を5月1日付で、港区芝大門(NBFタワー)から下記に移転しましたので、お知らせします。

    〒108-0073 東京都港区三田三丁目4番10号 リーラヒジリザカ6階
    代表番号 03-4212-4001  FAX 03-4212-6950


    地図はこちら 
  • 2023.04.28   青少年雇用情報(令和4年度)について

    青少年の雇用の促進等に関する法律施行規則第9条第4項に規定する「青少年雇用情報」について、当社の令和4年度版を公表いたします。


    詳細はこちら
  • 2023.03.20   受託単価の公表について
  • 2022.12.26   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和4年10月~11月)
  • 2022.10.28   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和4年8月~9月)
  • 2022.09.05   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和4年6月~7月)
  • 2022.06.30   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和4年4月~5月)
  • 2022.04.27   青少年雇用情報(令和3年度)について

    青少年の雇用の促進等に関する法律施行規則第9条第4項に規定する「青少年雇用情報」について、当社の令和3年度版を公表いたします。


    詳細はこちら
  • 2022.03.08   【再掲示】当社入札参加に必要な資格について(物品の製造・販売、役務業務等)

                                                             令和3年2月16日

    現在、当社「物品の製造・販売、役務業務等」の入札に参加頂くためには、当社独自の審査を行い「競争入札参加資格認定通知書」を発行しておりますが、令和3年度案件より、有効期間内の全省庁統一資格を有する方は、その資格をもって「物品の製造・販売、役務業務等」の入札に参加可能と致します。

    今後、全省庁統一資格で申し込まれる方は、当社競争入札参加審査申請手続きが省略可能となりますが、全省庁統一資格を保有してない方や、引き続き当社「物品の製造・販売、役務業務等」の資格をご希望される方に対しましては、従来通りの資格審査は継続致します。
    また、建設工事及び測量・建設コンサルタント等に係る競争入札参加資格に関しましては従来通りの申請手続きをお願いいたします。

    【全省庁統一資格での参加方法】はこちら

    (注意事項)
    全省庁統一資格は、4種類「物品の製造」「物品の販売」「役務提供等」「物品の買受け」ありますが、案件毎に詳細資格を指定させて頂きます。詳細資格の種類を持っていない場合は、当社の資格申請(物品の製造・販売、役務業務等)をしていただくことになります。

                                                                    以上
  • 2021.12.27   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和3年10月~11月)
  • 2021.10.29   参加意思確認公募及び随意契約に係る情報公開(令和3年8月~9月)
  • 2021.10.26   「プラチナくるみん認定」取得について

    日本地下石油備蓄株式会社は、令和3年10月18日付けで、次世代育成支援対策推進法に基づき、優良な子育てサポート企業としての厚生労働大臣の「プラチナくるみん認定」を取得しましたので、お知らせいたします。

    今後とも引き続き、社員の仕事と子育ての両立支援の推進し、社員の能力を十分に発揮できる働きやすい環境づくりに取り組んでまいり、国家石油備蓄の適切な維持・管理という重要な使命を果たしてまいります。
    認定通知書はこちら

    *プラチナくるみんは、優良な子育てサポート企業として、より高い水準の仕事と子育ての両立支援を進めている企業が認定されるものです。
  • 2020.11.20   「ユースエール認定」の取得について

     日本地下石油備蓄株式会社は、令和2年11月18日付けで、青少年の雇用の促進等に関する法律に基づき、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況等が優良であるとして、厚生労働大臣の「ユースエール認定」を取得しましたので、お知らせいたします。

     当社は、新卒者等の離職率、社員の所定外労働時間、有給休暇取得日数等の認定基準を全てクリアすることができたため、今回の認定にいたりました。

     今後とも引き続き、新卒者等の採用を進め、若手社員を含む社員の能力を十分に発揮できる働きやすい環境づくりに取り組んでまいり、国家石油備蓄の維持・管理という重要な使命を果たしてまいります。

    認定通知書はこちら

    若者雇用促進総合サイト紹介はここをクリックしてください
  •  
  • TOP > 発注予定情報一覧
    ※ファイル表示において、OS とブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によっては表示、機能に不具合が起こる可能性がございます。
    当サイトをご覧いただくための推奨環境はこちら
    *ファイルが開かない場合は、こちらまでご連絡ください。 日本地下石油備蓄(株)企画総務部企画総務室 TEL:03-4212-5932

    発注予定情報一覧

    初心者マーク 入札参加資格の認定を受けていない方   認定者マーク 入札参加資格認定済の方

    一般競争入札・参加意思確認公募予定一覧表

    以下の通り、入札等実施予定一覧表を更新しました。

    件 名 開 札 PDF・Word・Excel
    令和6年度入札等実施予定一覧表を更新しました。 ファイルアイコン1
    ファイルアイコン1
    TOP > 資格申請書類関係 各種様式

    資格申請書類関係 各種様式

    件 名 ダウンロード
    建設工事(資格様式)2022.12.16更新
    建設工事(提出要領)2024.1.1更新
    建設工事(資格等級)
    物品の製造・販売、役務業務等(資格様式)2022.12.16更新
    物品の製造・販売、役務業務(提出要領)2024.1.1更新
    物品の製造・販売、役務業務等(資格等級)
    測量・建設コンサルタント等(資格様式)2022.12.16更新
    測量・建設コンサルタント等(提出要領)2024.1.1更新
    測量・建設コンサルタント等(資格等級)
    件名

    初心者マーク競争入札参加資格審査申請要領

    当社が発注する建設工事、物品の製造・販売・役務業務等又は測量・建設コンサルタント等に係る競争入札参加資格審査申請書の案内です。

    初めての方へ Q&A集

    各種様式

    下記ファイルを保存してご利用ください。

    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2


     認定者マーク各種共通仕様書

    ※閲覧するにはパスワードが必須です。
    パスワードは案件の入札参加申込後通知いたします。

    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2
    ファイルアイコン1 ファイルアイコン2



     認定者マーク初心者マーク公告中入札公募案件

    ※入札参加資格要件を満たす方のみお申し込みください。

    初めての方へ Q&A集

    入札・公募のご案内 公告中入札公募案内 入札一覧

  • 2024.04.15
    2024.5.9
    2024.5.9
    2024.4.17
    2024.5.27
  • 2024.04.15
    2024.5.16
    2024.5.16
    2024.4.25
    2024.5.31
  • 2024.04.12
    2024.4.26
    2024.4.26
    2024.4.16
    2024.5.10
  • 2024.04.10
    2024.4.24
    2024.4.24
    2024.4.19
    2024.5.9
  • 2024.04.10
    2024.4.24
    2024.4.24
    2024.4.19
    2024.5.9
  • 2024.04.10
    2024.4.26
    2024.4.26
    2024.4.15
    2024.5.15
  • 2024.04.10
    2024.4.25
    2024.4.25
    2024.4.26
    2024.5.16
  • 2024.04.08
    2024.4.19
    2024.4.19
    2024.4.15
    2024.4.30
  • 2024.04.08
    2024.4.19
    2024.4.19
    2024.4.15
    2024.4.30
  • 2024.04.08
    2024.4.22
    2024.4.22
    2024.4.11
    2024.5.13
  • 2024.04.08
    2024.5.2
    2024.5.2
    2024.4.11
    2024.5.20
  • 2024.04.01
    2024.4.12
    2024.4.12
    2024.4.3
    2024.4.24
  • 2024.03.26
    2024.4.8
    2024.4.8
    2024.3.28
    2024.4.16
  • 2024.03.26
    2024.4.8
    2024.4.8
    2024.3.28
    2024.4.16
  • 2024.03.18
    2024.4.5
    2024.4.5
    2024.3.21
    2024.4.18
  • 2024.03.13
    2024.3.28
    2024.3.28
    2024.3.29
    2024.4.12
  • 2024.03.13
    2024.3.28
    2024.3.28
    2024.3.29
    2024.4.12
  • 2024.03.13
    2024.3.27
    2024.3.27
    2024.3.15
    2024.4.5
  • 2024.03.11
    2024.3.18
    2024.3.18
    2024.3.13
    2024.3.29
  • 2024.03.11
    2024.3.25
    2024.3.25
    2024.3.13
    2024.4.5
  • 2024.03.08
    2024.3.25
    2024.3.25
    2024.3.26
    2024.4.9
  • 2024.03.08
    2024.3.25
    2024.3.25
    2024.3.26
    2024.4.9
  • 2024.03.08
    2024.3.25
    2024.3.25
    2024.3.22
    2024.4.5
  • 2024.03.06
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.03.06
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.03.06
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.03.06
    2024.3.18
    2024.3.18
    2024.3.12
    2024.3.29
  • 2024.03.04
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.03.01
    2024.3.15
    2024.3.15
    2024.3.18
    2024.3.29
  • 2024.03.01
  • 2024.02.29
    2024.3.11
    2024.3.11
    2024.3.5
    2024.3.21
  • 2024.02.29
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.02.28
    2024.3.12
    2024.3.12
    2024.3.13
    2024.3.28
  • 2024.02.28
    2024.3.12
    2024.3.12
    2024.3.4
    2024.3.27
  • 2024.02.28
    2024.3.12
    2024.3.12
    2024.3.13
    2024.3.28
  • 2024.02.28
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.02.28
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.02.28
    2024.3.13
    2024.3.13
    2024.3.14
    2024.3.29
  • 2024.02.26
    2024.3.7
    2024.3.7
    2024.3.8
    2024.3.22
  • 2024.02.20
    2024.3.6
    2024.3.6
    2024.3.7
    2024.3.22
  • 2024.02.20
    2024.3.6
    2024.3.6
    2024.3.7
    2024.3.22
  • 2024.02.20
    2024.3.7
    2024.3.7
    2024.3.8
    2024.3.25
  • 2024.02.20
    2024.3.6
    2024.3.6
    2024.3.4
    2024.3.19
  • 2024.02.20
    2024.3.6
    2024.3.6
    2024.3.7
    2024.3.22
  • 2024.02.14
    2024.2.28
    2024.2.28
    2024.2.29
    2024.3.18
  • 2024.02.14
    2024.2.28
    2024.2.28
    2024.2.29
    2024.3.15
  • 2024.02.14
    2024.2.28
    2024.2.28
    2024.2.29
    2024.3.18
  • 2024.02.14
    2024.2.28
    2024.2.28
    2024.2.29
    2024.3.18
  • 2024.02.14
    2024.2.28
    2024.2.28
    2024.3.1
    2024.3.19
  • 2024.02.14
    2024.2.29
    2024.2.29
    2024.3.1
    2024.3.15
  • 2024.02.13
    2024.2.21
    2024.2.21
    2024.2.19
    2024.3.1
  • 2024.02.09
    2024.2.14
    2024.2.14
    2024.2.13
    2024.2.26
  • 2024.02.07
    2024.2.16
    2024.2.16
    2024.2.9
    2024.2.28
  • 2024.02.01
    2024.2.5
    2024.2.5
    2024.2.2
    2024.2.13
  • 2024.01.19
    2024.1.26
    2024.1.26
    2024.1.24
    2024.2.6
  • 2024.01.11
    2024.1.22
    2024.1.22
    2024.1.15
    2024.2.6
  • 2023.12.21
    2024.1.15
    2024.1.15
    2024.1.16
    2024.1.31
  • 2023.12.21
    2024.1.15
    2024.1.15
    2024.1.16
    2024.1.31
  • 2023.12.21
    2024.1.15
    2024.1.15
    2024.1.16
    2024.1.31
  • 2023.12.05
    2023.12.12
    2023.12.12
    2023.12.6
    2023.12.20
  • 2023.11.21
    2023.12.6
    2023.12.6
    2023.12.7
    2023.12.21
  • 2023.11.20
    2023.12.6
    2023.12.6
    2023.12.1
    2023.12.18
  • 2023.11.17
    2023.12.1
    2023.12.1
    2023.11.21
    2023.12.18
  • 2023.11.17
    2023.12.1
    2023.12.1
    2023.11.21
    2023.12.18
  • 2023.11.17
    2023.12.1
    2023.12.1
    2023.11.22
    2023.12.15
  • 2023.11.17
    2023.12.1
    2023.12.1
    2023.11.22
    2023.12.15
  • 2023.11.17
    2023.11.24
    2023.11.24
    2023.11.21
    2023.11.30
  • 2023.11.10
    2023.11.22
    2023.11.22
    2023.11.17
    2023.12.5
  • 2023.10.31
    2023.11.10
    2023.11.10
    2023.11.8
    2023.11.22
  • 2023.10.26
    2023.11.13
    2023.11.13
    2023.11.7
    2023.11.22
  • 2023.10.20
    2023.11.6
    2023.11.6
    2023.11.7
    2023.11.21
  • 2023.10.20
    2023.10.31
    2023.10.31
    2023.11.1
    2023.11.17
  • 2023.10.20
    2023.11.1
    2023.11.1
    2023.10.26
    2023.11.10
  • 2023.10.19
    2023.10.27
    2023.10.27
    2023.10.20
    2023.11.9
  • 2023.10.19
    2023.11.2
    2023.11.2
    2023.10.26
    2023.11.13
  • 2023.10.13
    2023.10.26
    2023.10.26
    2023.10.27
    2023.11.14
  • 2023.10.13
    2023.10.27
    2023.10.27
    2023.10.20
    2023.11.7
  • 2023.10.12
    2023.10.23
    2023.10.23
    2023.10.13
    2023.11.1
  • 2023.10.10
    2023.10.23
    2023.10.23
    2023.10.12
    2023.11.9
  • 2023.10.04
    2023.10.18
    2023.10.18
    2023.10.6
    2023.11.1
  • 2023.10.02
    2023.10.17
    2023.10.17
    2023.10.13
    2023.10.31
  • 2023.09.28
    2023.10.6
    2023.10.6
    2023.10.3
    2023.10.18
  • 2023.09.26
    2023.10.6
    2023.10.6
    2023.9.29
    2023.10.20
  • 2023.09.14
    2023.10.2
    2023.10.2
    2023.10.3
    2023.10.19
  • 2023.09.14
    2023.9.29
    2023.9.29
    2023.10.2
    2023.10.17
  • 2023.09.11
    2023.9.22
    2023.9.22
    2023.9.25
    2023.10.5
  • 2023.09.11
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.14
    2023.9.29
  • 2023.09.11
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.14
    2023.9.29
  • 2023.09.07
    2023.9.28
    2023.9.28
    2023.9.26
    2023.10.16
  • 2023.09.07
    2023.9.19
    2023.9.19
    2023.9.14
    2023.10.4
  • 2023.09.06
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.8
    2023.10.3
  • 2023.09.06
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.21
    2023.10.5
  • 2023.09.06
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.21
    2023.10.5
  • 2023.09.05
    2023.9.20
    2023.9.20
    2023.9.14
    2023.10.2
  • 2023.09.04
    2023.9.15
    2023.9.15
    2023.9.7
    2023.9.29
  • 2023.09.01
    2023.9.13
    2023.9.13
    2023.9.14
    2023.9/28
  • 2023.09.01
    2023.9.15
    2023.9.15
    2023.9.8
    2023.9.29
  • 2023.08.30
    2023.9.15
    2023.9.15
    2023.9.19
    2023.10.3
  • 2023.08.29
    2023.9.4
    2023.9.4
    2023.8.30
    2023.9.12
  • 2023.08.28
    2023.9.11
    2023.9.11
    2023.9.12
    2023.9.28
  • 2023.08.25
    2023.9.11
    2023.9.11
    2023.9.8
    2023.9.28
  • 2023.08.24
    2023.9.8
    2023.9.8
    2023.9.11
    2023.9.27
  • 2023.08.24
    2023.9.7
    2023.9.7
    2023.9.1
    2023.9.15
  • 2023.08.23
    2023.9.13
    2023.9.13
    2023.9.1
    2023.10.2
  • 2023.08.18
    2023.8.31
    2023.8.31
    2023.9.1
    2023.9.14
  • 2023.08.15
    2023.8.28
    2023.8.28
    2023.8.24
    2023.9.8
  • 2023.08.10
    2023.8.29
    2023.8.29
    2023.8.30
    2023.9.14
  • 2023.08.10
    2023.8.30
    2023.8.30
    2023.8.31
    2023.9.15
  • 2023.08.04
    2023.8.22
    2023.8.22
    2023.8.23
    2023.9.11
  • 2023.07.31
    2023.8.10
    2023.8.10
    2023.8.8
    2023.8.30
  • 2023.07.31
    2023.8.10
    2023.8.10
    2023.8.10
    2023.9.1
  • 2023.07.28
    2023.8.10
    2023.8.10
    2023.8.8
    2023.8.23
  • 2023.07.24
    2023.8.8
    2023.8.8
    2023.8.9
    2023.8.29
  • 2023.07.24
    2023.8.17
    2023.8.17
    2023.7.26
    2023.9.1
  • 2023.07.24
    2023.8.7
    2023.8.7
    2023.8.8
    2023.8.23
  • 2023.07.21
    2023.8.3
    2023.8.3
    2023.7.25
    2023.8.25
  • 2023.07.19
    2023.8.3
    2023.8.3
    2023.7.21
    2023.8.25
  • 2023.07.18
    2023.8.2
    2023.8.2
    2023.8.3
    2023.8.21
  • 2023.07.12
    2023.7.26
    2023.7.26
    2023.7.25
    2023..8.8
  • 2023.07.12
    2023.7.26
    2023.7.26
    2023.7.25
    2023.8.8
  • 2023.07.10
    2023.7.26
    2023.7.26
    2023.7.18
    2023.8.9
  • 2023.07.06
    2023.7.20
    2023.7.20
    2023.7.10
    2023.8.4
  • 2023.07.06
    2023.7.20
    2023.7.20
    2023.7.21
    2023.8.7
  • 2023.07.06
    2023.7.20
    2023.7.20
    2023.7.21
    2023.8.7
  • 2023.07.05
    2023.7.19
    2023.7.19
    2023.7.10
    2023.8.2
  • 2023.07.03
    2023.7.14
    2023.7.14
    2023.7.10
    2023.7.24
  • 2023.06.30
    2023.7.14
    2023.7.14
    2023.7.10
    2023.7.25
  • 2023.06.30
    2023.7.13
    2023.7.13
    2023.7.4
    2023.7.28
  • 2023.06.30
    2023.7.13
    2023.7.13
    2023.7.4
    2023.7.31
  • 2023.06.30
    2023.7.11
    2023.7.11
    2023.7.6
    2023.7.20
  • 2023.06.30
    2023.7.12
    2023.7.12
    2023.7.10
    2023.7.25
  • 2023.06.29
    2023.7.13
    2023.7.13
    2023.7.4
    2023.7.27
  • 2023.06.29
    2023.7.14
    2023.7.14
    2023.7.3
    2023.7.28
  • 2023.06.26